読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

緋ニッキ

東京近郊のTRPGプレイヤー緋のブログ。トーキョーNOVA THE AXLERATIONのシナリオ、ダブルクロス等のダイスアプリ、Skypeオンセのノウハウ等を公開しています。

グランクレスト・「七つの大罪」 キャンペーン本編 第二話「この戦は誰のため」

夏瀬さんGMのグランクレスト・キャンペーン第二話です。

セブン・シン帝国皇帝への鉱物10供出のため、タランの街領主のラオグスト・タージ(憤怒の子爵)が周辺国と調整する話。皇帝の戯れのために資源を供出し続けることの異常さを認識し、今後の方針を考えるセッションでした。 

 

■初期設定・パーティー

初期設定、各キャラクターの詳細は下記参照。



  • “憤怒の騎士”ラオグスト・タウラージ ロード/キャバリアー PL:粥さん

    壮年の男性。タランの街を宵闇の魔神から救った領主。母国に妻子を残している。

  • バシリオ・シスラエール アーティスト/ドラゴン PL:しのさん
    シスラエール最後の竜。ラオグストに命を救われ、彼の戦士となることを誓う。

  • エリザベス・バートリー  メイジ/サイキック PL:緋
    バートリー商会の武器商人。ラオグストをセブン・シン帝国への反乱へと誘う。

  • 艦長 投影体/オルガノン PL:黒野さん
    混沌を駆逐するために建造された超時空戦艦のAI。エリザベスとの契約に基づきラオグストを支援する。

前回のあらすじ

「これは公務である」 

ふとしたことで皇帝に気に入られ貴族の地位を手に入れた悪漢ライアス。彼は皇帝から賜った従属聖印とフラッグを持ち、七君主と同等の発言力を持っている。彼は公務と言い放ち、都市タランから資源の収奪を宣言した。

ラオグストたちは近隣国レガルトと争いながらも皇帝へ供出する資源を確保し、ライアスの追放に成功した。しかし、皇帝が使わせた次の使者は、変わらずラオグストに森林15の供出を命じるのであった。

オープニング1:J・ロウライト

艦長とエリザベスのいる異界戦艦の艦長室。

バートリー商会から派遣されたJ・ロウライトという青年が二人に挨拶をしていた。彼はエリザベスの幼馴染で、堅物だが信頼のおける人物だ。

彼は律儀にバートリー商会の長であるブラウン・バートリーの物真似をして二人を労うと、エリザベスの身辺警護を担当する旨を申し上げた。

エリザベスはJ・ロウライトの乗船申請をすると、艦長はセキュリティクリアランスCを発行した。

 

オープニング2:周辺国の動向

新たに宮廷魔術師に登用(ターシャは見習い、エリザベスは商人)したフィネガン・アーバスノットという堅物のメイジは、周辺諸国の状況と森林を入手するための策をまとめた。

結論としては、このうち1.、2.、4.を実行することとなった。

  1. キシコール・フォレストには、数百年前にエルフの森が転移してきており、豊富な森林がある。(収奪すれば最大15まで獲得可能)ただし、エルフの戦士であるキシコール・レンジャーが守護しており、戦争で支配下に置くためには軍備が必要。
    →(リサーチの結果)キシコール・フォレストは近隣に棲むブラッドエルフという好戦的なエルフたちと数百年の間戦争を続けており、疲弊していること。タランに滞在しているバリスという冒険者がキシコール・フォレストの出身であり、情報を得られるであろうことの2点がわかった。
  2. 隣国レガルトとの捕虜交換を行えば森林3まではマロー将軍が供出してくれることがわかった。
  3. 隣国ガーラを攻め滅ぼせば森林4を収奪することが可能であるとわかった。
    →ただし、隣国は同盟を5国と結んでおり、隣国ガーラを攻めれば5国合同軍が結成される。5国の精鋭部隊と将軍を相手にするのは困難だ。なお、合同軍には隣国レガルトのマロー将軍も参加している。
  4. 自国(タラン)の保有する森林資源を永続的に失えば森林を供出可能であることがわかった。

ミドル1:冒険者バリス

タランの街の宿屋兼酒場にバリスは逗留している。ラオグストとバシリオが会いに行き、キシコール・フォレストの事情を聞いた。 

「会えて光栄だよ、領主様。この街には2ヶ月前からいるんだが、王都みたいに堅苦しくなくて居心地がいいね。それに遺跡が多くて冒険者は仕事に困らない」

「同感だ。高座に位置して窮屈なのはこちらも性に合わない。……貴方に会いに来たのはキシコール・フォレストについて聞きたいからだ」

「理由を聞いていいか?」

「ある理由があってキシコール・フォレストの森林資源を入手したい。ただ、大儀なく戦争はできない。争わなくともよい手段を探している」

「戦をむやみに仕掛けないのはいいね。それに正解だよ。キシコール・レンジャーはエルフの魔法戦士団だ。戦争で勝利するのは大変さ。ただ、キシコール・フォレストの王アドランはブラッドエルフとの戦争に手を焼いている。ブラッドエルフも同程度に強力だが、友好的な関係を築けるような集団ではない。キシコール・フォレストの問題解決に協力すれば、アドランは森林を少し融通するくらいはしてくれるはずだ」

「アドラン王を紹介してくれないか」

「俺なんかでよければ。ただ、ここは居心地がいいから、市民権を貰えないか?」

「住んでいただけるなら光栄だ」

「頼むぜ。アドランはいいやつだ。昔シスラエールの竜に助けられたことがあって、竜に憧れを持っている。竜族が身内にいるなら、そいつが話をすると効果的だ」

ミドル2:キシコール・フォレスト

深い森を抜けたキシコール・フォレストの奥にアドランの宮廷はあった。エルフ独特の樹木を利用した高層都市。見えぬところに複数の魔法結界が張り巡らされており、ここを攻め落とすのは至難の業だ

「我がキシコール・フォレストにようこそ。人間よ、何を求めこの地へ来た?」

「木を融通してほしい」

「欲に忠実な人間が、なぜ攻め滅ぼそうとしない?」

「争いは避けるべきだ。木の対価として、我らに協力できることはないか」

「バリスから話は聞いているか。近々ブラッドエルフどもと決戦を行うことになる。この戦で戦功を上げれば森林10を提供しよう。そして、そこの竜族の子よ。そなたがキシコール・フォレストに居を移すのであれば、さらに森林5を提供しよう。竜は守り神となり、この地に安寧をもたらすだろう」

バシリオはラオグストを見る。

「アドラン殿。貴方はドラゴンが好きなようだが、我らにはバシリオが必要だ。ご理解いただきたい」

バシリオは頷いた。

クライマックス:ブラッドエルフとの戦争

ブラッドエルフ王エルダンは精鋭のエルフ(20レベル)で、屈強な軍隊を持つ。1ラウンドに2回攻撃(200点+)を行い、回避能力も高い強敵だ。そして、切り札の邪悪なエルダードラゴンも従えている。

彼らの本体をラオグストたちは迎え撃ち、勝利した。

f:id:redman_jp:20150426154608j:plain

エンド1:バシリオの決断

ブラッドエルフを退けたキシコール・フォレストは戦勝に沸きかえっていた。

王のアドランがラオグストとバシリオに話しかける。

「見事な勝利だ。宿敵を打ち払った恩は森林10を提供して余りある」

バシリオがアドランに言う。

「ボクはラオグスト様の所にいます。彼とともに生きると決めているのです。ただ、貴方は長命だ。いつかまたここに来ます」

「わかった。立派な戦いだったよ」

エンド2:捕虜返還

隣国レガルトの捕虜変換の対価として、マロー将軍が森林3を運搬してきた。

「約束どおり資材をお持ちした」

「約束どおり貴国の捕虜を返還しよう。……合同軍のことだが。軍拡を進めるレガルト王の意向か?」

「セブン・シン帝国が徒に資源を収集するのならば、隣国はそうするしかない。非主戦派である私も納得するしかなかった。これほどに資源を集める理由でもあるのか」

「この領地を守るためだ」

「それが貴殿の王道か?ラオグスト卿、貴方のことは信頼しているが、資源を集め続けるのは反対だ。貴方が戦争の準備をしていると見られてしまう」

「何らかの手を打つ。私にレガルトに宣戦布告する意志はない」

「帝国は異常だ。……レガルトにも帝国に組する勢力は力を増している。私は戦争を起こそうとする彼らを牽制している。もしラオグスト、貴方が国内に向けて行動するならば、我々は介入しないことをこのマローの名にかけて約束しよう」

マロー将軍は捕虜を引き連れ、帰還する。

エンド3:王都へ

タランの街の主だったものが集まる会議で、ラオグストが告げる。

「もし、この状況が続くなら、私は一度に戻る。皇帝陛下のお考えを知らねばならない」

エリザベスが状況を分析する。

「ラオグスト殿の家族に危機が及ぶかもしれないぞ?君に覚悟はできているか?」

「できている。シエラとシセルも武家の家族として覚悟もできているだろう」

艦長がため息をつく。

「不器用な男だ」

フィネガンが王都の現状を告げる。

「ラオグスト様のご家族はメイドのアマンダがお守りしております。彼女は信頼できる人物だ。バシリオ、何かあればラオグスト様をお願いします」

バシリオは頷き、誓う。

「ラオグスト様を守ります。そのご家族も」

(もしラオグスト様が決意できなければ、その時はボクの判断でご家族をお救いしよう。二度も家族を失うことは、許さない)

エンド4:泡沫の夢

ラオグストは時折、タランの街に変装して潜り込み街の様子を見ている。ある酒場ではタランの街の行く末を市民が心配していた。ある酒場では冒険者バリスたちが国の事情などお構いなしに冒険譚を語っている。ある酒場ではラオグストが来てからの街の変化に対して共感があり、ある酒場ではラオグストの考えが見えないことに対する苛立ちがあった。市民にはそれぞれの顔があり、意見がある。

酩酊して領主の館に帰り、倒れこむようにソファーに座ったラオグストに水を薦めるエリザベスの声が聞こえる。

「酔い潰れるまで飲むなんて、キミの悩みも深いものだね。水を飲まないと身体を壊すよ」

「……酔っ払いのたわ言だが、この街が独立できる可能性はあるのか。皇帝の支配を跳ね除けようとしたときに、バートリー商会は私の味方で居続けてくれるのか?」

「バートリー商会は皇帝陛下の方が太い客だと考えている。だから皇帝の味方につくと断言しよう。ただ、私と私と個人的契約を交わしている艦長は別だ。私たちはラオグスト、キミという人となりを見て、君に投資することに決めている。私はキミに……」

「……寝てしまったようだね。この街がセブン・シン帝国から独立できる可能性については、またの機会にしよう」

エリザベスは念動力でラオグストをベッドに移動させると、音もなく廊下へと出た。